【八尾イノベーション促進プログラム】

2019/06/08

こんばんは。


先日、八尾商工会議所にて世界の三池(映画監督の三池 崇史)が登壇する、

「映画製作から生み出すイノベーション力」と、

八尾の経営者4人の「事業継承を果たした経営者が語る『ホンマに重要なのは人材・人財戦略!』をテーマにした

セミナー&トークセッションのイベントに、当店スタッフ全員(リンちゃん除く)で参加してきました。




僕らが参加したのは、↑の2部のみで、

最後に三池氏によるワークショップもありましたが、参加出来ず。


今回はその1部について書こうと思います。


まず最初に登壇したのは八尾市長の大松けいすけ氏。

(ちっちゃいけど本物です)




市長による冒頭挨拶の後、スクリーンで紹介されてから登壇された三池氏。

(写真は出来れば遠慮してほしいとの事だったので、残念ですが写真はありません)


初っ端に「先程『八尾生まれと出てましたが、正しくは生野なんです』という一言で

しっかり'ツカんで'来ました!笑


話の中で印象に残っているのは、「僕は諦めが早い」と言ってた事と、

「オモシロい事をしたい」という精神を常に持っているという事でした。


子供の頃は別に映画に興味があるという訳ではなく、

色んなものに憧れて、やって、ちょっとでも「無理や!」と思ったらすぐ諦めて次!次!

という感じだったそう。

「世の中の大半の人は、生かせる才能がありながらも機会に恵まれず発揮する事なく、

その才能を持っている事に気付けないまま終了する事が多いように思う」と。

「自分は色々やって、たまたま映画に出会えただけなので皆も色々やりましょう」

と、ザックリ言うとこんな言葉でした。


それと、「八尾の人間は面白いし、八尾で育った事を誇りに思う」という事も仰っていて、

八尾中学校(監督の卒業校であり、当店スタッフ2名の卒業校でもあります)は当時、

日本一風通しが良い学校だったそう。

(窓ガラスが割れまくっている的な意味で)


「精神的にも鍛えられたので、苦境に面した時は『俺は八尾出身やからいける!』」と、

念じる事もあるそうです。笑


なんか凄く嬉しくなりましたね。

遠い世界の人と思っている人が身近に感じられる瞬間って本当に良いもんです。

顔が怖めなので「笑い」を入れたトークは無いんかな~と思ってたけど、

笑いの入れ方が絶妙でとても良い話が聞けました。


普段映画はあまり見ませんが、

これを機に三池氏の映画を色々と観ようと思います。

終わり。


◇その物件ほんまに空いてますか?◇
http://room-lab.com/public?page=line02

◇LINEでお問い合わせ◇
http://room-lab.com/public?page=line

八尾市の仲介手数料無料 賃貸情報・賃貸管理はルームラボへ。
ルームラボ
株式会社SORASIA
八尾市萱振町3丁目118番4号102
TEL:072-928-5570